2019年06月22日

最近、インドネシア映画が熱いゼっ!!!

動画徘徊していて発見。

・・・だけれど、インドネシアの俳優・スタッフで製作された作品。
・・・だから言葉も全編インドネシア語の映画「THE RAID」

なぜ、理解不能な言語を字幕無しで観る気になったかというと、
主役の俳優は、以前に観た「マイル22」で要人として出演していたインドネシア人。
その内容もめっちゃ面白かったし
さらにアクションが凄まじいキレッキレなバトルが印象的でした。
とても気になっていたアクション俳優。

その俳優が主演だったのと期待を裏切らなさそうなアクション映画みたいなので
言語無視ってカンジで鑑賞しました。

おそらく悪党一味がアジトにしているマンションビルに
特殊部隊が突入するお話。主役はその隊員。

一般人も生活しているみたいだけれど、ほとんどの住民が悪党一味という厳しい任務。
狙うのはボスなので隠密に行動していたが、
案の定ばれてしまい修羅場になる。
隊員のほとんどがやられてしまい、怪我人を助けながら脱出をしようとするが・・・って内容。

続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 23:30| Comment(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

2019年06月15日のつぶやき


posted by CHAOS BRAND at 00:01| Comment(0) | 自称映画バカが語る映画感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

ぶっ飛んだ内容に拍手っ!

リスペクトしている鬼才デビッド・クローネンバーグ監督の作品はクセがあるのだが、
どれも出来のいい素晴らしい作品だらけ。

初期作品は「シーバーズ」「ラビッド」「スキャナーズ」「デッドゾーン」etc
ジャンルとして<ホラー系>にカテゴライズされている。

内容はサスペンス作品なのに、グロぐちゃシーンをぶっ込んで来るので
結果、<ホラー系>となる。この監督はほとんどこんなカンジっす。

超リスペクトしている監督なので
ほとんどの作品はレンタルして観てきたが
唯一、レンタル店においていなかった作品「ザ・ブルード」

ざっくりと内容は本で紹介されていたので興味はありました。

当時は過激な内容で問題視された作品らしい。

いつか観ようと思っておきながら、すっかり忘れてましたっけ。

最近になって動画サイトにて発見したので喜んで観てみました。

続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 01:18| Comment(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする