2018年06月09日

ご迷惑おかけします

先日、フェイスブックメッセンジャーから謎のメール。

知り合いからの問い合わせ多数。
自分名義発信でもスパムメッセージが送られているようです。

いわゆる<乗っ取り>被害に遭いました。

関係者皆さんご迷惑おかけしました。すみません。
メッセンジャーは無視してください。

処置としまして元凶のフェイスブック退会手続きをしました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

posted by CHAOS BRAND at 12:45| Comment(0) | CHAOS BRAND/お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

強烈な怪演っぷりで素敵っ!

動画サイトで見つけて嬉しかったが、
字幕無しではかなりハードルが高そうなクエンティン・タランティーノ監督の作品。

登場人物がとにかくよく喋るのがタランティーノ作品の特徴。
そこに格好良さがあるんで好きなんだけどさ。
字幕無しで観てみましたウェスタン作品「ヘイトフルエイト」

ここに出演している紅一点のジェニファー・ジェイソン・リーという女優。
個人的に大好きな女優さん♪
けっこうな年齢になっていると思ったが感じさせない若々しさにびっくり。

男性陣はタランティーノ常連である
サミュエル・L・ジャクソン、マイケル・マドセン、ティム・ロス、そしてカート・ラッセル

指名手配犯役のジェニファー・ジェイソン・リー
連行するカート・ラッセルの彼女に対する容赦ない暴力はすっげぇ痛そう。

続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 18:56| Comment(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

キャラを払拭できたかい?

かつて「ターミネーター」では、サラ・コナーを守る若き兵士を演じ
「エイリアン2」ではシガニー・ウィーバーを守ろうとする兵士を演じ
「ネイビーシールズ」「ザ・ロック」ではチームのリーダーを演じたり、
正義感強いリーダー像が完全固着してしまったマイケル・ビーン

それまでのキャラを払拭したいのか、小汚い役も多く引き受けている感があります。
チリ産の鬼畜映画として有名な「HIDEEN IN THE WOODS」の権利を買い取ってリメイク。

自ら鬼畜な父親を演じ、がんばっておりますなぁ〜マイケル・ビーン
元の映画はかなり不快指数高い映画らしいが、まだ観ていないス。

このリメイク版にはなんとリスペクト俳優<ウィリ〜>ことウィリアム・フォーサイス
出演しているので躊躇無く観ました。

地元ヤクザのボス役ですか・・・はまり役だねっ!
手下の連中も悪人感満載のゴリマッチョ系でGOODです。
このくらい解りやすく悪人達を表現してくれると非常〜っにありがたい。

最初から妻の殺害シーンからスタート。
この狂ったおじさんマイケル・ビーンだったとは最初は気づきませんでした。
なかなかの変貌っぷりで役作りは GOODです。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 23:35| Comment(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする