2017年04月22日

懐かしいじゃねぇかっ!

80年代後半から90年はじめの匂いが凄〜い映画を動画サイトで発見。

なんてったって主演がルイス・ゴセット・ジュニアっ!!!


あ〜っ懐かしいっ!


この時代のB級作品に多数出演してたっけ。

どんな役にも溶け込めるスキンヘッドに口髭な黒人おっちゃんです。


動画サイトのキャプチャが刑務所っぽいのと

タイトルがOn The Streets of L.A.」。


B級っぽいし大好きなプリズン&カラーギャングものか!?

っという理由だけで字幕無しの鑑賞♪


刑務所シーンからはじまる。

ルイスおじさんは、黒人グループのちょっとしたボス的存在。

収監歴長いと思われる設定ッス。

そこにやんちゃな黒人の若者が収監される。


ちょっと察しがついてしまったが

そのやんちゃな若者は実の息子であると知らされる。

たぶん息子が生まれたときには、ルイスおじさんは刑務所だったという感じかな♪


やんちゃな若者は、ルイスおじさんから自分が父親だと聞かされるが

当然受け入れられず、反抗期むき出し状態。


そこに更正プログラムの一環として

この父子が一緒に生活しながら働く事を条件に仮釈放され、

ぎくしゃくした生活がスタートって内容。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

主役に同情できねぇ〜っ

動画サイトで発見した作品。

いまや<ゾンビもの>と同じくらい

ネタとして幅広く扱われる<ウィルスもの>


このテの映画ってゴミ映画もたくさん紛れているからなぁ〜。

悩んだけれど字幕無しで鑑賞♪


主観映像というのか・・・映像ガチャガチャ系のPOV作品「パンデミック」


どうやら女性のドクターが主役で

防護服とカメラや無線の説明を受けるシーンから始まる。

生存者たちを保護するためにはじめて街に出るという設定みたい。


小型バスに主役のドクターを含む4人で出発。

チーム少なくねぇか?・・・・・まぁいいか。


ゲートを開けると暴徒と化した感染者が次々に襲いかかってくる。


案の定・・・・カメラガチャガチャ銃の乱射

感染者ドアップ主役らのドアップetc

・・・・・・・よくわからん。


それにしても、この主役のドクター・・・

仲間がピンチなのに腹が立つくらい何もできず、役に立たない。


任務中なのにスキがあれば家族に

連絡をとろうとする身勝手な行動にイラっとくる。


どうやら娘が自宅で隠れていて、自分が戻るのを待っているらしい。




続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

ドルフ兄さんへ

ドルフ兄さん久しぶりっ。お元気ですか?


エクスベンダブルズシリーズ

ドルフ・ラングレンの名が復活したか?

・・・と思ってたら、相変わらずB級に出演してやがるのね♪


なかなかチェックできなくてごめん。

でもね、先日観たよ!動画サイトで発見した「RIOT」


たまたま大好きな刑務所モノだったから観ていたら、

ドルフ兄さんが偶然出演してたなんて絶対言わないぜっ!


でもね・・・

あんた、囚人として潜入しているみたいだけどさ・・・。

障害ある弱〜い囚人を装っているみたいだけどさ・・・。


まったく「弱者」に見えねぇぜ!!!!



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

被害報告

マニアックな『釣り』の被害報告。


日本じゃ知名度低いし、ルックスはいまいちだけれど

映画『ブラッド&ボーン』にて

キレッキレな格闘が素晴らしかったマイケル・ジェイ・ホワイト

なんか個人的に注目するようになりまして〜。


動画サイトでキャプチャされていたのがマイケル・ジェイ・ホワイト(以後ジェイ兄さん)。

あんた目的で映画を観るのは

日本じゃまだまだ少ないんじゃねぇの?


しょうがねぇなぁ〜。オレが観てあげようじゃないかぁ!

そんな上から目線で観ることにした『asian conection』


おぉ!?

セガールおじさん?

出演しているの??


はじまって早々に悪役のボスとしてセガールが出てきたっす!


セガール映画でしたか・・・

・・・うれしいじゃねぇか♪


立派なお髭で少々アクション見せてくれるのは嬉しい。

もしかしてジェイ兄さんとの対決もあるのか?

かつて『DENGEKI』でも対決してたよね。

あの時の二人の格闘は素晴らしかった。また観られるかな〜っ。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

よくしゃべる大御所俳優

動画サイトで発見した作品。


最近、遭遇率が高いジョン・トラボルタロバート・デニーロ共演の『killing season』

ベテラン大御所二人が共演かぁ〜。期待も高まるです♪


アクション作品っぽいし、台詞も少なそうだから

大丈夫だろうと字幕なしで鑑賞しました。


・・・とってもおしゃべりなお二人・・・。


・・・半分くらいしか理解できねぇんだよ!!!


ってなわけで、なんとなく理解できたのは

山奥で隠居生活をしている退役軍人さんのデニーロおじさんのところへ

ボスニア紛争?の恨みを果たしにやってきたのがトラボルタ兄さん


デニーロおじさんを見つけたトラボルタ兄さん

友好的な関係を装い、酒をかわしながらおしゃべりしまくる。


暖炉の前で名優同士が語り合う素敵なシーンだったが

泣きそうなくらい言ってる意味がわかりません。


しかしながらボスニア人???役であろうトラボルタ兄さん

スキンヘッドにマジックで塗っただけじゃね?と思ってしまうくらい


きれい〜っな短髪の坊主頭がなんか違和感だったが

ドイツ語訛り?な話し方がvery goodです。


さすがベテランの役者ってすげぇッス。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

字幕無しが苦痛に感じたッス

個人的に観る映画で

けっこうな確率で遭遇するトム・サイズモア先輩。

やっかいなマフィアやクセのある悪人を演じさせたら非常にGOODな俳優さん。


もはや名前だけで観てみるか〜っ?となってしまいました。

そんなわけで動画サイトで発見した「Five Thirteen」


この映画、ストーリーが分かれていて同時に進行しているので

非常〜っにわかりにくい。


・・・というか、全然わかんねぇっ!


登場人物もなんか多いしね。

あっそうそう、ダニー・トレホもちょい役で出演してたっけ。


黒人の主人公が相棒とともにメキシコまで金を届けに行くように

命令され実行する。取引も終わりすんなり帰ることになる。、

途中で保安官に職質に合い、積んだ覚えのない積み荷を見られ、

即逮捕されそうになったので、相棒が保安官を射殺。

慌てた主人公は積み荷をみると、移植用の臓器!


しかも主人公たちには、臓器の話はされておらず〜という

めんどくさそうな展開へ。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

強いおっちゃん映画

動画配信サイトで見つけたジョン・トラボルタ主演の「I Am Wrath」を字幕なしで鑑賞。

え〜っと、さっそくタイトルの意味がわかりません。

調べると<Wrath>復讐


あ・・・そう・・・いわゆる定番の<復讐モン>ッス。


夫婦でいるときに地下駐車場で暴漢に襲われ、妻が殺害される。

警察もあてにならないとわかったときに

かつて凄腕の殺し屋?エージェント?(←英語の知識不足)

だったトラボルタおじさん


過去の自分が目を覚まし、

かつて仲間だった友人に協力を仰いで

自身の手で犯人に復讐〜って内容ッス。


個人的に敵味方がはっきりしていて

わかりやすくて大好きなネタ。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

あなたならどうする?が響くじゃねぇか

個人的に大好きなジャンルのバイク映画


ふと動画サイトにレトロなバイクが

キャプチャされていた映画「ONE WEEK」。


レトロなバイクには興味はひかれなかったが

出だしの英語が聞き取りやすかったという理由だけで、

観てみようと思った作品ッス。


冒頭で「あなたならどうする?」という語りで始まったこの映画。

チャーリー・シーンを劣化させたような感じのお兄さんが主人公。


病院の先生から重篤な疾患(たぶんガン)を告げられ

ショックすぎる主人公はとりあえずダッシュしてましたっけ。


タイトルの「ONE WEEK」って余命一週間ってことかぁ〜っ。


たまたま目について衝動的に購入したヴィンテージバイク

目的もなく旅に出るという流れっすね。


気になったのでこのバイクの種類を調べたら

ノートン・コマンドというイギリスの名車らしいです。


革ジャン+ジェット型ヘルメットにゴーグル姿な主人公。

組み合わせはバイカースタイルでgoodだけれど

小さめのメットだからか?顔がはみ出してる感じで

正直、まったく似合ってない。


・・・まぁいいか。


舞台はカナダで雄大な自然と観光名所を巡る旅。

大自然の中バイクを走らせ、何泊もする旅をするには

ちょっと軽装すぎじゃね?


・・・まぁいいか。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

観光したいがまだまだ危険かな〜っ

悪童の皆様、今年もよろしくお願いしますっ!。


個人的にバタバタしてまして更新できませんでした。すみません。

ネタいきま〜っす。


ずいぶん前の作品(1978年)で

アカデミー賞にノミネートされ、部門賞も受賞した

有名な作品「ミッドナイト・エクスプレス」。


しかも、個人的に好きな作品「エンゼルハート」「ミシシッピー・バー二ング」

監督であるアラン・パーカー巨匠。脚本は、なんと「プラトーン」オリバー・ストーン


とっくに観ておいて間違いない作品だったのだが、

出演俳優も知らなかったし、

電車の名前?みたいなタイトルがなんとなくレンタル欲を失わせ、

今日まで観ていなかった作品でありました。


動画サイトで偶然お見かけしたので

いい機会なんで字幕なしで鑑賞〜っ。


舞台はトルコ・イスタンブール


あ〜そうそう。

嫁さんがトルコに観光したいというので

行ってみるかな〜っと考えていた矢先に、

某過激派集団によって人質事件やら自爆テロ等々によって

渡航危険地帯扱いとなってしまいました

しばらくトルコ観光は自粛することになってしまったぜっ。ちっ!


おっと、脱線。失礼。


そんなトルコで仕入れたであろう

大麻を樹脂油で粘土状に加工された「ハシシ」っぽい物を

大量に持ち込もうとしたイケメンのアメリカ青年。


アルミホイルでまかれた粘土状の<物>というだけで

たぶん「ハシシ」だろうと気がついちゃいけねぇぜっ!悪童ども♪


おっと、脱線。失礼。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

タイトルが誤解を招いちゃうね

動画サイトを徘徊して見つけた作品。


ほほ〜ぅMachineGun Preacher(マシンガン・プリーチャー)」ですか。

なかなかバイオレンスなタイトルのジェラルド・バトラー主演映画。

和訳すると機関銃牧師かぃ???


ここんとこ、サイコ野郎の映画ばかり観ていたので

これもそんな感じの内容かぁ〜???


いやいや違いました。良かった♪


服役から釈放されたバイカーギャングのジェラルド兄さん


出所するなり悪友と飲酒・ドラッグと悪事を繰り返すうちに

自分の性格に恐怖を感じるジェラルド兄さん

妻の勧めで教会に懺悔をすることに。


そこで魂を救われてからは熱心な教会信者となり、

ドラッグ・飲酒もきっぱりと止め、

週末には教会のボランティア活動で

アフリカへ行ってしまうくらいほど。


その極端な改心っぷりには若干ひいてしまうが

行動は素晴らしいっす。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

今度は海外のサイコ野郎の映画ッス

このあいだは邦画「悪の経典」日本のサイコ野郎を観ました。

今回は海外のサイコ野郎の映画「ranpage」


動画サイトのタイトル横にrated R(R指定)とあったので、

どんな映画??ってな感じで

何の予備知識のないままボケ〜っと観ていたら

サイコ野郎が突然撃ちまくりの殺しまくりッス。

口を開けたまま、ぽか〜んと観てしまった作品。


共働きの中流家庭の一人っ子的な主人公。

部屋にこもって体を鍛えながら

淡々と何かを準備している感じが不気味。

所々、サブリミナル的に虐殺シーンが入り込む。


この主人公に後半に起きる虐殺の事を考えているとは

思えないんだけれどなぁ。


何を考えているのか解らない・・・。

そこがリアルに現代人っぽい・・・。


自作の防具を身につけ、

車を遠隔操作で警察署に突っ込ませて爆破。

そしてマシンガンを両手に無差別殺戮



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

久しぶりっ!ビショップ!

ここんところ動画サイトのゾンビ系映画のチェレンジが続いております。

冒頭数分で面白そうだったら観るしつまらんそうだったら即チェンジっ!


まずはマッドマックスみたいな車で主人公が登場。中々、格好良い♪

B級でありがちな展開だったが、出演陣の名前に

ランス・ヘンリクセンの名が・・・。


久しぶり!!ビショップ!!!

「エイリアンシリーズのアンドロイド役で有名。

多彩な役をこなすベテランさんです。


このランスおじさん出演というだけで観ることに決定した映画。

タイトルは「DAYLIGHT`S END」


主役の細マッチョは名前がわかりません。

他の出演者も他の映画で観たことはあるものの

名前がわからない人ばっかでした。


日の光を浴びると死んでしまうか・・・・。


え〜っヴァンパイア???


でも血を吸っている感じではなく

噛みつかれると感染して猛ダッシュして襲う

ダッシュ系ゾンビなんだよねぇ


もう何でもありっすね〜っ。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

UNDEADに注目

相変わらずゾンビ映画はちょくちょく観ているけれど

ここんところ「〜OF THE DEAD」というタイトルで当たりがないっ。


本当にクズ映画が多い・・・マジで多い・・・。

だから今回は「UNDEAD」に注目してみたぜ♪


動画サイトのサムネール画像と冒頭のシーンで判断。

これなら最後まで観れるかな?

と思って観た作品「VIRUS UNDEAD」。


冒頭で疾走する車。そして事故。そして狂ったような鳥の大群。

どうやら鳥のウィルスが原因ってか?

みたいなオープニング。ちょっと面白そう???


定番なキャスティングの三人が登場します。

一人目はいかにも主役っぽい感じのオーラだしまくりのイケメン。

二人目はお約束のヤンチャ系。

三人目はお約束のインテリ系。


三人は郊外の屋敷でホームパーティ。

途中の売店で女友達を二人誘う。

一人はお約束のヒロイン的存在。

一人はお約束の頭悪そうなエロ担当。


あ〜、定番過ぎるっ!

死ぬ奴がだいたい想像できるじゃんか。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

派手なギャングライフって憧れないか?

ヒップホップ全盛期の80〜90年代の中で代表的な存在である

エリックB&ラキムの代表曲「paid in full」(ペイド イン フル)


同名のタイトルの映画「paid in full」を動画サイトで発見。


曲と関係あるのかな〜???

と怪しんで観たけれど冒頭でしっかりと使用されておりました。

日本未公開作品らしく字幕無しで鑑賞〜。


ハーレムが舞台っすね。

真面目にクリーニング店で働く主人公。

仲良しの友人は派手に車を乗り回すドラッグディーラー。

そして刑務所で知り合ったヤンチャなギャング。

この3人がメインで話が進む。


ちなみに観賞後に調べてみると

ヤンチャなギャングを演じていたのはラッパーらしいけれど、

知識不足で知りませんでした。


派手な生活に憧れながらも

地道に働いていた主人公が

クリーニングの仕事を通じて偶然メキシコ系マフィアと交流をもち、

コカインの売買に関わるようになり、

次第に友人と共に派手なドラッグディーラーの道へ。


派手な生活を見せつけてくれるんだよね〜っ。

あ〜っ羨ましいっ!


たいていこの手の成り上がり系の話は

後で痛い目に合うのがシナリオ上の<お約束>なんだが・・・。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

まだ若いヴィゴ発見

アクション界の大ベテラン、シルベスター・スタローン

彼のアクション系の作品は大体観てきたけれど、

観ていない作品もたくさんあります。


見逃すというか観るタイミングを逃すというか・・・

・・・つまらなそうというか(←正直、た〜くさんあります)


あ、そんなつまらなそうな一本、

入院中にテレビ「午後のロードショー」でやっておりましたよ。『ジャッジ・ドレッド』

いやぁ〜いかにも午後のロードショーって感じで良かったすョ。

しょぼしょぼでしたが・・・。まぁいいか。


さて、本題。

まだ観ていないスタローン作品の内の1本、『デイライト』

これも観る気がしなくてそのまま忘れていた作品。

動画サイトであったので

字幕無しで鑑賞してみました〜。


お!ヴィゴ・モーテンセンも出演してるじゃん。


冒頭のトンネル崩落シーンは見せ場だねぇ〜。


CGもまだまだな時代なのにこの迫力は素晴らしいっす。



続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

スピンオフ映画なのがもったいねぇっス

今、アクションスターといえば

<安全と信頼のデコ助>ジェイソン・ステイサムを筆頭に

ヴィン・ディーゼルドウェイン・ジョンソンらのマッチョなハゲ軍団と

スタローンヴァンダムらのまだまだ元気なおじさん軍団らがメインかな〜。


まだまだたくさんアクション俳優がいる中で

個人的に推しているのがヴァンダムの後継者的なスコット・アドキンス

マッチョすぎる身体とキレッキレなアクションが素晴らしいがルックスが

スコット・アドキンスに比べて残念なマイケル・J・ホワイト


この二人が共演し対決している「UNDISPUTED2」。


2>ってことは<1>があるが

その時の主演はウェズリー・スナイプスヴィン・ライムズでした。

邦題は「デッドロック」。


この「デッドロック」、劇場公開時はいい成績ではなかったが、DVDの評判が良かったため

主演以外の登場人物にスポットを当てた続編が製作されたらしい。


そして主演をマイケル・J・ホワイト

ライバルとしてスコット・アドキンスで製作された「UNDISPUTED2」となる。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

元アル中役がハマり役のニック・ノルティ

名作「マッドマックス フューリーロード」で活躍し

トム・ハーディ主演の「WARRIER」を動画サイトで字幕無し鑑賞。

大御所の元祖ガラガラ声ニック・ノルティも共演していた。


もう一人、本当はこの人が主役なんだろうな〜。

名前がわからなかったが・・・主役の兄弟の兄役を熱演。

家族に反対されながらも本格的に格闘技大会に挑む熱血先生。


弟のトム・ハーディは元軍人で

父親でありトレーナーだったニック・ノルティの元を訪れて

再びトレーナーをと頼みに来るシーンから始まる。


そこでニック・ノルティ演じる父親は酷いアル中だった過去と

兄弟間でのすれ違いによる家庭崩壊状態あることがなんとなく伝わるっす。


そんなギクシャクした家族間の人間ドラマが中心だけれど、

見せ場はなんといっても格闘技の大会シーン。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

寒中見舞い申し上げます。

寒中見舞い申し上げます。本年もよろしくお願いします。
喪中だったので新年の挨拶は控えさせていただきました。
んじゃ、ネタいきま〜っす。

脂肪で段になっているうなじがgoodなフォレスト・ウィテカー
顔に似合わず声が低いブレンダン・フレイザー
ご存知ケビン・ベーコンアンディ・ガルシア
まだ若々しいエミール・ハーシュらが共演した「The Air I Breathe」
邦題は「狼たちの報酬」

え?!オールスターなのに、調べてみたら日本未公開。
日本では一般ウケしないキャスティングだったか?

4つの別のストーリー構成だけれど全部少しシンクロしているお話。
タランティーノ系よりも単純なシンクロっすね。

ギャングのボスであるアンディおじさんは全ストーリーに出演。
邦題につけられたハードボイルド感は全然感じられないっすね。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

バウアーと同じ運命

トム・クルーズキャメロン・ディアスという
2大トップスターの共演の「ナイト&デイ」を字幕無しで鑑賞。

ナイトのスペルは「夜」ではなく「騎士」の方ね。
トム兄さんナイトなのは当たり前に察しが付く。

CIAのエージェントか何かのトム兄さん
飛行機で出会うキャメロン・ディアスによる
スパイアクションとラブストーリー、
ついでにコメディ要素も盛り込んだ陽気な娯楽作品となってます。

相変わらず人間離れしたアクションシーンをこなすトム兄さん
はたしてCIAのエージェントは
こんな凄い奴がたくさんいるんですか???

・・・まぁいいか。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

久々のニコラスおじさん作品(ネタばれ注意)

ニコラス・ケイジ主演の「トカレフ」
なんか久々に見たなぁ〜、ニコラスおじさんの作品。
出演にダニー・グローバーを確認。

娘の父親役ニコラスおじさん、なんか老けたなぁ〜。
妻と食事に出かけているときに事件は起きる。
自宅に強盗、娘の誘拐〜やがて死体発見。

葬式の時に車椅子のったギャングのボス風のおじさんが弔問に来る。
字幕ないから微妙だが察するに
ニコラスおじさんは元ギャングだったことが想像できる。

摘出された弾丸はロシア製のトカレフということで
過去の行いからロシアンギャングに的を絞っていき、
仲良しの二人(おそらくギャング時代の仲間)とともに犯人捜しするって感じ。

変なオールバックが違和感あるニコラスおじさんもいい味だしているが
心強い仲間二人もいい味出して格好良い。


続きがあるよん
posted by CHAOS BRAND at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする