2020年06月14日

胸クソ悪い史実が学べるGOODな映画ッス

動画サイトで見つけた懐かしい作品「The Killing Fields(キリング・フィールド)」
小学生の頃にテレビでやってたのを観たことあるなぁ。
小学生にはついていけない内容だったような・・・。

たしかベトナム戦争っぽい映画?くらいの記憶だったが、
ベトナム戦争映画のラインナップにあまり登場しないので忘れてました。

ちょっと調べたら
ポル・ポト政権が支配していた内戦下のカンボジアが舞台。
首都で取材している
アメリカ人ジャーナリストと助手のカンボジア人が主役のお話でした。

主演のアメリカ人ジャーナリストのヒゲおじさんと助手のカンボジア人の
二人とも自分は知らない俳優さんでしたが
カメラマン役に若きジョン・マルコヴィッチを発見。
すでにデコ助だったのね♪

内戦激化のためジャーナリスト達は帰国することになって
なんとか助手であり友人であるカンボジア人もアメリカに避難させたいと
身分証を偽造するも失敗。

アメリカ人ジャーナリストと助手のカンボジア人は
離ればなれになってしまい、アメリカ人ジャーナリストらは帰国。
助手のカンボジア人は強制労働させられる農場へおくられてしまう。
洗脳や虐殺が繰り返される過酷な日々のなか、助手のカンボジア人は脱出を試みる〜っな内容。

この映画は実話らしいけれど
ポル・ポト(独裁者)の蛮行はネットでちょっと調べるだけで

すっげ〜胸クソ悪い。

理不尽そのもので虐殺しまくりの鬼畜っぷりが表記されていますぜ。

映画を観るなら少しウィキってから観る方が
さらに内容が深く刻まれると思います。

ちょいと重たい映画なので、気軽な気持ちだときついかも。

戦争映画の定番である激しい銃撃戦などは皆無な作品。
そのかわりリアリティはパねぇッス。

負の歴史を勉強することができて
とっても考えさせられる良作と思われるのでオススメ〜っ。
posted by CHAOS BRAND at 18:32| Comment(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: