2018年03月11日

少女の逃亡シーンが素晴らしいっス

ロリコン監督リュック・ベッソン製作の映画。(ごめんねベッソン)
今回もやはり魅力的な女性が主役っすね♪
でも監督は別人みたいね。

いずれ観ようと思っていたその作品を動画サイトで発見。
タイトルは「コロンビアーナ」

タイトルどおりコロンビアで両親を殺害され、危うく殺されそうになりながらも
かろうじて逃げた少女がアメリカで闇仕事している叔父のところで暮らすことに。
やがて<殺し屋>となって暗躍しながらも
復讐のチャンスをうかがっているって内容。

この少女の逃亡の様子がGOODでした。
追っ手もパルクールを駆使して
アクロバティックに追いかけてくるシーンは圧巻。

殺し屋の手口も巧妙でGOODでした。
銃だけでなく、サメや猛犬に襲わせたりとバラエティ豊か♪。

事件を担当する刑事さんは「ウォーキングデッド」シリーズの棒使いの黒人さんでした。

・・・・・んっ!?
こうして他の作品に出演って事は「ウォーキングデッド」の出演が途絶えたのか???

遂に殺されちまったか?
まぁいいか。余談だけれど「ウォーキングデッド」は面白いッス。

恋人の男がちょっと主人公の寝顔の写真を撮っただけで
一気に警察に追い詰められる主人公の緊迫感も凄いし、
そんな非常時にも冷静に対応しながら逃亡する手際の良さもGOOD。

いよいよ復讐時。「レオン」のように護衛を一人一人片付けて
じわじわラスボスを追い詰めるのかな〜っとと思いきや、
ど派手にロケット砲をかましてくれます♪

せまい部屋でのアクションもさすがです。
中ボスとの格闘でハブラシやタオルなど
そこらへんにあるものを駆使して武器にするところが素敵。

全編通してとても面白い作品でした。
posted by CHAOS BRAND at 00:48| Comment(2) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『コロンビアーナ』観ましたけれど、歯ブラシを武器に格闘するのは笑いを取りたかったんでしょうかね、監督が。
Posted by コークス萌太 at 2018年03月11日 08:37
コークス萌太さん、コメントさんきゅ。

その場にあるものを武器にするってのは
デコ助ジェイソンなどもお得意だよね。
Posted by CHAOS BRAND at 2018年03月15日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: