2017年07月18日

偉大な監督が・・・

ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロが亡くなったらしい。残念。
監督の映画で思春期を過ごし、かなり影響されたワタクシ。
心からご冥福をお祈りします。





でわ、ネタいきまっす。

動画サイトで見かける映画ってテレビ向けに作られた映画が多いみたいです。
いわゆるTVムービーってヤツっすね。
よく劇場未公開としてDVDレンタル化されているのは、このTVムービーってことかぁ?

・・・まぁいいや。

そんなTVムービーであろう作品「TYSON」を発見。
何かとトラブルの多い問題児のマイク・タイソンの半生を描いたのTVムービーらしい。
なんと主演のタイソン役には、まだ若いマイケル・ジェイ・ホワイトっ!
こんな作品に出演してたんかぁ〜知らなかった。

12歳にして多数の逮捕歴を持つ悪ガキが名トレーナーとの出会いにより、
ボクサーとして人生の再スタートを切るストーリー。

信用するトレーナーとマネージャーが亡くなってしまい、
髪型が個性的なプロモーターのドン・キングがエージェントとなり
莫大な富や名声を得ることになる。
95年の作品でまだまだお若いマイケル・ジェイ・ホワイトの役作りはGOODです。

でも心優しい一面ばかりクローズアップしていてなんかしらける。
彼の悪行の原因はドン・キングによる演出さっ!
本当は小鳥を愛する心優しい純粋な青年なのさっ!
みたいな話になっている。

富と名声と腕力だけで世間知らずの悪ガキが
そのまま大人になっただけのような数々の<悪行>はけっこう有名な話。

転落人生の原因は自分自身じゃね〜っ?

・・・ファンの皆様、ごめん。

トレーニングシーンやファイトシーンもいまいちな感じで
なんか盛り上がりに欠けた出来。
映画の最後は強姦事件の裁判のシーンで終わる。

実物のマイク・タイソンは最近、丸くなったようで
映画にも多数出演しているし、
ハリウッドが真剣に伝記映画を制作するらしいッス。

マイク・タイソンが再び盛り上がる予感♪
posted by CHAOS BRAND at 00:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロメロが亡くなったのは残念でした。本人が意図していたのかは知りませんが、ゾンビはすごく社会性のあるメッセージを含んでいた作品だったと思います。

タイソンはまあ、いいや。
Posted by コークス萌太 at 2017年07月18日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック