2017年07月09日

ちょい役全盛期のダニーを発見

動画サイトの小さな画像で大好物な刑務所もん?な感じがしたので観てみました。
タイトルは「AGAINST THE WALL」。

おぉ〜っ!カイル・マクラクランじゃんか!
懐かしいなぁ。相変わらずお坊ちゃん面だね♪

おぉ〜っ!サミュエル・L・ジャクソンじゃんか!
若い時の作品だけど現在とあんま変わってないんだね♪

おぉ〜っ!ダニー・トレホじゃんか!
相変わらず囚人役なんだね♪

あれ〜っ?フレデリック・フォレストってさ〜。
名作「地獄の黙示録」<シェフ役>だった俳優さんじゃね?

その他どっかで観た顔なんだよなぁ〜って俳優さんがたくさん出演しています。
こんな作品あったんだね〜っ新鮮です。94年の作品なので出演者が皆ちょっと若いっ♪

刑務所の新人看守のカイル兄さんフレデリック・フォレストは上司らしい。
サミュエル・L・ジャクソンが囚人として登場。どうやら常連らしい。
ダニー・トレホは相変わらずちょい役の囚人♪。

ある時、突然囚人が暴れ出したことが引き金となって暴動が起こってしまう。

けっこう生々しい暴動っぷりにびっくりッス。

カイル兄さんを含む看守全員フルボッコだが、
日頃、囚人達の要求を上司に掛け合ってくれたカイル兄さん
ダニー・トレホがちょっと助けたりする。
看守を人質に暴動の中心人物とサミュエルおじさんが州知事ら役人と
交渉するが難航。

やがて州知事が武力制圧に踏み切ることにより
囚人を含め人質の看守も死亡者多数という最悪な結果に。
カイル兄さんも突入してきた知り合いの警官に誤射されてしまうハメに。

ちょっと調べてみました。
この話は1971年にアッティカ刑務所で実際に起こった暴動事件らしいです。
刑務所の人種問題や州知事の人権無視の対応やら
いろんなアメリカの<闇>が問題となった事件のようっすね。

本国アメリカのテレビ用に制作された映画で
どうやら日本国内では劇場未公開のビデオ販売だけだったらしい。

エンディングまで全編、救いのない問題作でしたが
なかなかレアな映画を観ることができてラッキーでした♪
posted by CHAOS BRAND at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック