2016年10月02日

見事な怪演っぷりス

めずらしく邦画観ました〜♪


賛否両論の問題作「悪の経典」


監督は有名な「クローズZERO」等の三池崇史

主演のサイコパスは「海猿」で有名な伊藤英明


評判を聞いていて前から気になっていた作品でもあり、

家族で観るもんではないと思ってたので、

しばらく放置していた作品でもあります。


生徒に慕われる教師ながら、生まれつきのサイコパス

自身の本性が発覚しそうになり、

彼はそれを隠すため証拠を残さない殺人へ・・・という内容。


・・・伊藤英明の二つの<顔>の怪演っぷりは見事だったス。


年齢制限のあるこの作品は

たしかに暴力描写血しぶきが多いし、

未成年・・・いや、良識ある人にはキツい内容すね。



つっこみ所も満載だが

それを感じさせないくらいイカレた展開の後半。


普通に笑顔で生徒達に話しかけるように猟銃で人を撃ち殺します。

返り血を浴びないようにカッパ着て撃ち殺していきます。

なかなかの鬼畜です。


ただし、ちょっとストーリーがわかりにくい。

何回か観るか、原作読むか、観た人の考察を読むかしないと困難っす。


もう一度、観るのもめんどくさいなぁ〜。

本を読むのが苦手なんで原作を読む事はねぇなぁ〜。

ってなワケで結局、他の考察ブログを拝見させていただいて

やっと納得したさ♪。


不気味に流れるオペラ音楽も<殺人>を歌った曲だそうだ。

こうゆう変態映画には多少、免疫のある方だったが、

このオペラ音楽は不快指数高かったなぁ〜。


それにしてもこの学校の先生たち・・・。

生徒に淫行する教師

ホモ教師

単にキモい教師

そして殺戮サイコパス教師


・・・学校自体、相当やばくねぇ?

posted by CHAOS BRAND at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自称映画バカが語る映画感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック