2016年08月13日

サイコ野郎もよく似合う

動画サイトで見た『仁義なき戦い』風の予告編が最高だったから

凄〜く気になっていたジョニー・デップ出演作品『ブラック・スキャンダル』。


レンタル店にひょっこり置いてあったんで、飛びつくようにレンタルしちゃいました。


主演はなんと言ってもジョニー・デップ


禿げたおっさんに見える金髪オールバックと

神経質そうなお顔が最高にキマッってんじゃんか


FBI捜査官にはジョエル・エドガートン

映画『ウォーリアー』でトム・ハーディの兄を演じてたっけ。


おっと、FBIの上司にケビン・ベーコン発見



アメリカ・ボストンで幼なじみとして育った3人の男たち。

そのうちの一人はFBI捜査官。

もう一人は上院議員。

そしてギャングのボスであるジョニー・デップ演じるバルジャー。


幼なじみのFBI捜査官は抗争中のマフィアの情報を売るようバルジャーに話を持ちかける。

FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅。

身辺調査すりゃ完全にアウトであろう幼なじみの州上院議員もささやかに協力していく。

……これ、実話だとされているのが凄いっすね。


今回のジョニーデップは役作り最高ッス。


母親や息子を溺愛する一面もありながら

裏では<裏切り>に容赦なく、会話中に突然キレたり

秘密を守るために右腕の相棒の恋人だろうが容赦なく殺してしまう

なかなかのサイコ野郎を演じてます。


ティム・バートンとのコンビ映画やパイレーツシリーズもいいけど

こうゆうサイコ野郎も好きだなぁ〜


posted by CHAOS BRAND at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自称映画バカが語る映画感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック