2016年05月15日

デフォー、かっけぇっス

久々っ!!!キアヌ・リーブス主演の「ジョン・ウィック」

以前から観てみたかったこの映画。


このテの映画って信頼と安心のデコ助ジェイソン・ステイサムあたりに

オファーがありそうな感じだけれど、なぜキアヌ?

共演にウィレム・デフォーってのも嬉しい。


結婚を機に裏社会から足を洗った<殺し屋>のキアヌ兄さんは、
病気の妻に先立たれ、彼女が遺した子犬と生活。
愛車のムスタングに目を付けたロシアマフィアの息子が、
キアヌ兄さんの家を襲撃し、子犬を撲殺した上に愛車を強奪。
ブチキレたキアヌ兄さんは、再び裏社会の<殺し屋>として復活するって内容。

個人的に子犬の撲殺シーンは辛れぇなぁ。


面白いと思ったのは、裏社会の殺し屋達が愛用するホテル。

宿泊中の身の安全は保障します〜が<売り>らしい。思いっきり命狙われていたけどさ。

しかしちゃんとルールを破った者に制裁するところもGOOD。


家に侵入した襲撃者を返り討ちにしたあと、

電話でちゃんと裏社会の掃除人を呼んだりするところもGOOD。

死体だけじゃなく、血で染まった床や窓も掃除してくれるのね♪


これまでの映画になかったようなシーンがあって楽しい。


引退した殺し屋という設定にハマっていたキアヌ兄さん

ひと暴れしたあとに若干息が上がっている感も人間味があってGOOD


デコ助だと動きがキレっキレすぎて

本当に引退してたんか???と思ってしまうもんね。


デフォーは<一番美味しい役>。

死んでしまうが格好いい役じゃん。


なかなか面白かったなぁ〜。


posted by CHAOS BRAND at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自称映画バカが語る映画感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック