2014年11月10日

ジョー・ペシはヤクザが似合う

かつて「ホームアローン」「リーサルウェポン」等で
コミカルな俳優としても有名。

かたや巨匠スコセッシ監督作品の「グッドフェローズ」「カジノ」では一転、
狼のような鋭い目つきでデ・ニーロさえ負けてしまいそうな
気迫とキレやすいギャングを演じたらこの人っ!

というくらい有名なジョー・ペシおじさん。

今回はコミカルな演技の方、「The super」を観ました。

察するにボンボンな家庭・・・・←死語ですか?
・・・お金持ちの家庭に育ったジョーおじさん
ワンマン社長の父親からボロボロの賃貸住宅のオーナーの仕事を請け負う。

家賃だけ回収して住民の修繕要望を全くしない悪徳家主をしていたら
住民の訴えにより有罪となる。裁判所からそのボロボロの賃貸住宅で
暮らすことを命じられてしまうって内容。

弁護士との会話がまったく「?」だったけれど
コメディってありがてぇなぁ・・・なんとなく理解できちゃうんよね。

ジョーおじさん
スコセッシ作品の狂気に満ちた演技をする人とは思えないくらい、
いい味だしてます。

雨漏り、電源はショート、水道はまともに使用できない環境での生活に苦労しながら
しっかりとドタバタコメディしてます♪

バスケの時のコミカルなプレイや独特のダンスもGOOD。

だんだん住民の生活の苦労が身にしみて理解できるようになっていき、
改善に乗り出すというハートフルな映画。

多彩なキャラを演じるジョーおじさんに拍手っ!

posted by CHAOS BRAND at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック