2014年09月06日

中途半端なミュージカル?

かつて「ニュージャックシティ」「ボーイズンザフッド」あたりから
ヒップホップアーティストが映画俳優としても大活躍。

この作品もそんな流れなんだろうね。
ア トライブ コールド クエストとしても
ソロとしても活躍。
他グループのゲストラッパーとしても大人気のQ-TIP

そんなQ-TIP主演の映画「prison song」

おやおや、大好物刑務所映画じゃないですか?
日本で公開してなかったのか?はじめて知りました。

それにしてもこのQ-TIPってルックスがいいので女性に大人気らしいが
ア トライブ コールド クエストのデビューアルバムの時は
独特な声質とラッピンが自分にはどうも合わなくて苦手でした。

今ではリスペクトな存在ですけど。

ストーリーは主人公の幼少期から始まり、
母親役になんとシンガーのメアリーJブライジが演じてます。
すると突然ビートが流れ、ミュージカルのように歌いだします。

おや?そうゆう映画ですか〜っ!?

やがて夫の逮捕・投獄で生活苦になり、精神的に病んでしまう母親。
施設に入居された主人公はそこで大人になる・・・ここでQ-TIP登場ね。

う〜ん、コーンロウでばっちり決めた姿はかっこいい。そりゃモテるわけだ。

あ・・・プエルトリカンのファット・ジョーもいた。
なんとなく安田大サーカスのHIROと似てるなぁ〜っ。

些細なイザコザから誤ってHIRO・・・いやファット・ジョーを殺してしまい投獄されてしまう。

刑務所で幼なじみの友人に出会い交流を深めていくけれど、
耐えられなくなり
脱獄を企てる・・・という流れ。

基本的には人間ドラマになっていて面白い。
ナイフで襲われそうになると
逆にナイフを奪って口を切り裂くといった
ヴァイオレンス描写もしっかりあるしね。

ただ残念だったのが、
中途半端なミュージカル風な作り微妙〜っ!!!
posted by CHAOS BRAND at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕無しで鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック