2014年06月21日

人は見かけじゃないっとは言えない映画

字幕無しでトライ。第二弾。「ICEMAN」

最初に<true story>なる単語が・・・。実話って事ね。ふ〜ん・・・。
主役の大男の名前はわからん。でもかつての万引き女優ウィノナ・ライダーが妻役なのね。
おお〜レイ・リオッタもでてきた♪。

どうやら愛妻家であり殺し屋でもある大男の話のようだ。
ちょっとチャラい同業者(殺し屋)とともに遺体をバラバラにして冷凍させてたことから「ICE MAN」というあだ名がついたみたいね。

う〜〜〜〜んっヒヤリングがうまくいかず
レイ・リオッタとの関係がイマイチ<>だったが、
何度も銃口を突きつけられてるので
仲良し>ではなさそうだね。

月日がたっていく過程で主人公の大男がどんどん
容姿が怖くなってくところのgood。

最後の方は歩いているだけで<悪人>。
革の手袋はめただけで<殺し屋>。
まんま見た通りに感じたのは俺だけじゃないハズ。

娘が二人いるのに、どうみても悪人っぽいよ〜って注意できなかったのかな〜っ。

脇にレイ・リオッタやごつごつ顔のロバート・ダヴィやらで
脇を固められているので
非常によくできた映画だと思うっす。

英語力がもっとあれば楽しめたんじゃねぇかな〜っ。

がんばろ〜っと。
posted by CHAOS BRAND at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自称映画バカが語る映画感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック