2014年06月07日

久々の更新。今後ともよろしくです。

パソコンクラッシュにより、放置してたことをお詫びします。
ささやかに更新していきますので、よろしくお願いしますっ!

では、ネタいきま〜っす。

しまりのないというか・・・チャラい顔のジェイク・ギレンホール(←ファンの人ごめん)。
そんなジェイク兄さん主演の「エンド・オブ・ウォッチ」をレンタル。
犯罪多発地域での<お巡りさん>の奮闘映画っすね。

個人的に大好きなストリートギャングもた〜くさん出てきます。
名作「カラーズ」以降、
お巡りさんネタでいい映画が少なかったので、まったく期待せずに鑑賞しました。

おふざけと自画撮りを楽しみながらのお仕事する姿は
やっぱしチャラかったジェイク兄さん

でも、今時のお巡りさんって感じが逆にGOODと思う。
坊主頭がめちゃくちゃ似合ってるじゃん。

最近のギャング事情も時代が変わってきているようで
ここ昨今の事情を探ってみると
メキシコの麻薬カルテルが凄まじいらしいです。
国の要人がすでに麻薬カルテルと連んでるらしいからね。
カオス状態なんでしょう。

やっぱしこの映画でもギャングはチカーノ系グループがメイン。
偶然、麻薬カルテルの拠点を摘発したことから
カルテルの怒りを買い、命を狙われてしまうジェイク兄さんと相棒。
<警官>とか関係ないところが、容赦なく怖いっす。

普段巡回してる街でも、命を狙われると急にアウェイ状態
警官なのに夜中の住宅街を逃げ回るというシーンが
恐ろしくリアル。


けっこうハラハラさせてくれる、とてもGOODな作品でした。

この手の映画に必要なんか?
って思う<恋愛>シーンもありますが
そこらへんはやっぱし怠かったス。
posted by CHAOS BRAND at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 自称映画バカが語る映画感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカの警官といえば、勤務中にパトカーに寄りかかりながらドーナツ食べているイメージがありますね。
Posted by コークス萌太 at 2014年06月09日 15:05
コークス萌太さん、コメントさんきゅ〜っ。

まんまそんなイメージであってるんじゃねーっ。
さらにチャラい要素も加わってるよ。
Posted by CHAOS BRAND at 2014年06月13日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック