2013年09月23日

何がノーカットなのかな?

なんか一見ポップな感じのジャケットが
こちらのレンタル欲を萎えさせる
オリバー・ストーン監督の「野蛮なやつら サベージス」

どうやらノーカット版らしい。何がノーカット?残虐なシーン?ヘアー?・・・ちんちん?
ちょっと気になってレンタルしてみました。

冒頭からすぐ激しいファックシーン・・・これか?
動画メールの生首ゴロゴロ映像・・・これか?

何がノーカットなのかどうでもいいっすね♪

主役連中はよくわからんけれど、
ベテランのジョン・トラボルタ
浮腫んだブラピっぽいベニチオ・デル・トロ(←ファンの人、ごめん)、
デスペラードで有名なサルマ姉さん等々。
なかなか派手なキャスティング。

テンポよくストーリーが進んでいくし、
過激なヴァイオレンスもちょいちょい絡んできます。

冒頭の残虐シーンで恐ろしい麻薬カルテルを連想させてgoodなんだけど
サルマ姉さん演じるボスが溺愛する娘がいる母親という設定・・・。
監禁した女と食事しながらプライベートな話をしたり、
冒頭の怖い組織のイメージが
どんどんソフトになってしまった感が残念。

大麻栽培で生計たててる主人公の仲間達も
それぞれの分野でエキスパートばかり・・・ちょっと観ていてドン引きしてしまう。

こいつらも、もはや麻薬組織じゃん♪


・・・っと愚痴いいながらも楽しんで観ました。

最後のオチもなかなかGOODでした。

一番、いい味だしてたのはベネチオおじさんだったなぁ〜。

実際のメキシコの麻薬カルテルの残忍さは映画よりも酷いという記事を読んでただけに
芝刈り機の音で銃声や叫び声を封じている様子が、やけにリアルでしたよぉ〜
posted by CHAOS BRAND at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自称映画バカが語る映画感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック