2006年04月13日

いまだにカリスマな存在の2PACぅ〜

いまだにいろんなアーティストにリスペクトされている
2PACもいろんな映画に出演しておりましたっけ。

正式なデビュー作は、銃を構えたポスターが暴力的とされ
修正によって銃が消され、公開後間もなく発砲騒ぎがあっ
たりと何かと問題作であった「ジュース」だったような。
ジャネット・ジャクソンと共演した「ポエティック・ジャ
スティス」
では、準主役であった。内容は全くたいしたこ
とはないが、冒頭ではQティップがジャネットの彼氏役で
登場して射殺される役だったり、2PACの近所に住むオヤ
ジがトーン・ロックだったりと、ヒップホップ勢が目立つ
作品なのでそちらで楽しむのもいいかもね。

サントラが大ヒットした「ABOVE THE RIM」
(邦題:ビート・オブ・ダンク←ダッセぇ〜邦題!)では
ギャング〜な役で出演作品中最もカッコ良かった作品。
ティム・ロスと共演した「グリッド・ロック」ジェーム
ス・ベルーシ
と共演した「ギャング・シティ」では、俳優
として演技に力入れてるようなカンジだけは伝わるが内容
はたいしたことはない。(個人的感想よん)
…っとまぁ、俳優業も活躍していただけにあの事件には残
念でなりません。

あっ思い出したぁ〜ミッキー・ローク主演の
「ハード・ブレッド」ではスリック・リック風なギャング
役で登場〜!にちょっとプっときた記憶がありやすぅ〜。
内容は予想どおりの「B」っす。
オチに使ってゴメんね〜。ミッキー!
posted by CHAOS BRAND at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優ラッパー〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック