2005年10月10日

クセもん俳優〜その6 ウォーケン最高

大御所、クリストファー・ウォーケンはおじさんになって
も太らない体質なのかな〜っうらやましい。

どんなカスみたいな感じではじまる映画でも、彼が登場す
ると急に引き締まる感じになる存在感はスゴイ。

超大物といっても過言ではないと思うんだが、B級作品に
もさらりと出演してしまう彼の姿勢が大好き。
そんな『B級』作品で日本ではビデオ販売のみだったエリ
ック・ストルツと共演の「ゴッド・アーミー(悪の天使)」
がなんかオススメ。ヘンテコな日本語サブタイトルも
チープ感が出てGOOD。
この作品は、後に映画会社がCGを加え、再編集して「プロ
フェシー」としてアメリカで劇場公開されたみたいです。

オモシロイですよ。比較対象には無理があるのかもしれな
いケド、当時、この作品とA.シュワルツェネッガーの「ト
ゥルー・ライズ」を同時にレンタルして観たとき、正直い
って「ゴッド・アーミー(悪の天使)」の方が好きだった
なぁ〜。

あくまで個人的です。念のため。

BLACKCHAOS WEBSITE BLOG? 2005.08.10.より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック